Return to site

後悔しない生き方

堀江貴文著

ホリエモンこと堀江貴文さんの後悔しない生き方を読みました。

皆様、おはようございます!

雪降りましたね~!雪が降ると、30歳でも心がときめくんですよね~。何でですか?(知らん)

そして、昨日の午後、家のインターホンが鳴り、玄関を開けると妻のお母さんが、恥ずかしそうに、ちっちゃい雪だるまを持って立ってました。これからは熟女にハマりそうです。

さて、私の今年の目標の一つに、あまり具体的ではありませんが、

「毎日をよく生きる」

というのがあるのですが、これは、毎日、仕事も遊びもやりたいことをちゃんとやるぞ!ということなのですが、

先日、コーヒーを買いにセブンまで行くと、ふと目に留まる本がありました。

堀江貴文さんの【後悔しない生き方】です。

本の前を通り過ぎたところ、ホリエモンさんが「おい。ちょっと待てよ。」と私の脳に直接、語りかけてきたような気が、全くしませんでしたが、面白そうだなと思い、購入しました。

早速、読んでみると、とてもわかりやすい言葉で、そして、毎日だらだら過ごしては勿体ない!と思えるような素敵な言葉がちりばめられていました。

色々な章から構成させれていますが、私の心に刺さった言葉を断片的に、ご紹介致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①目的を持った者同士が本音をぶつけ合うからこそ、分かり合えることがたくさんある。馴れ合いの関係や職場に居心地の良さを求めるほうがおかしい

②時間は命そのものだ。【タイム・イズ・ライフ】命はいずれ尽きる。だからこそ、時間のムダを減らして自分のために使うかを、みんなもっと真剣に考えるべきだ。

※先程も少し疲れた時に、ユーチューブで全然興味ないボーリング大会の動画を見ていましたが、時間のムダです。命削られました。

③今日の目標を立ててみてはどうだろう。「頑張ればなんとか達成できるかも・・・」というくらいの目標を立て、それを来る日も来る日も繰り返すのだ。考えるべきは今日という日のことだけ。

※今日の目標はアウトプットの機会があれば手を挙げること。w

④別に何のためにも生きる必要はない。このいまを全力で生きればいいのだ。今日1日を全力で駆け抜けよう。

⑤挑戦して一歩踏み出した後は、ひたすら「ゼロにイチを足す」動きを続けている。トライアンドエラーを繰り返し、一歩一歩着実に進んでいくのみ。掛け算ではなく足し算なのだ。

⑥うまくいっている人の「真似をする」こと。もちろんパクリではいけない。ベンチマークとし、うまくいっている部分を徹底的に真似しながら、自分だけが持つ情報や長所を加えてブラッシュアップすればいいのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この本を読んでみて、ホリエモンさんは何よりも「時間」と「楽しさ」をとっても大切にして生活しているのが伝わってきました。『今を楽しむために全力で生きる』とっても素敵です。

私も、もっと毎日を大切に生きていくためにも、ユーチューブで興味の無いボーリング大会の動画は絶対見ません!(サバイバルの動画は見ます。)

そして、新たな挑戦の一歩を踏み出すのは早い方が良い!もし、失敗したら別の方法を試す、「トライアンドエラー」でこれからも日々生活してまいります。

そして皆様も、ユーチューブでボーリングの動画は見ないように注意しましょう!(しつこい)

今回もお読みいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly